忍びの国【感想・あらすじ】戦国の世の「忍」をリアルに描く

忍者にスポット当てた痛快無比の新世代、歴史エンタテイメント小説。

戦国大名を相手に忍者軍団が繰り広げる無情なまでの謀略の数々、迫力のある戦闘シーンに思わず固唾を飲む傑作です。

スポンサーリンク

あらすじ(内容紹介)

時は戦国。忍びの無門は伊賀一の腕を誇るも無類の怠け者。女房のお国に稼ぎのなさを咎められ、百文の褒美目当てに他家の伊賀者を殺める。このとき、伊賀攻略を狙う織田信雄軍と百地三太夫率いる伊賀忍び軍団との、壮絶な戦の火蓋が切って落とされた──。破天荒な人物、スリリングな謀略、迫力の戦闘。「天正伊賀の乱」を背景に、全く新しい歴史小説の到来を宣言した圧倒的快作。 (アマゾンより引用)

史実をもとにしたリアリティのある舞台設定

歴史の中でも人気の高い戦国時代が舞台の小説で登場人物の武将も史実に則っており、スッと物語に入っていけます。

登場するのは北畠具教や織田信雄などのイマイチ馴染みのない大名たちなのですが、本書の主役は何といっても「忍者」です。

しかし主役といっても決して格好良く書かれてはおりません。

残忍で金儲けのためなら仲間をも簡単に裏切り、その突出した力を他人のために使うなど以てのほかって感じで正に外道として描かれています。

これこそが本来の「忍」の姿なのでしょうね。

忍者の姿をリアルに追及している生々しい世界観も本書の魅力の一つかと思います。

女房に頭が上がらない主人公

主人公「無門」は伊賀忍者、最強の男__。

しかし、極端に怠け者で自由人。決して人の言うことを聞く輩ではないのですが唯一、自分がさらってきた女房の「お国」だけには決して逆らうことができません。「稼ぎが悪い」など、ことあるごとに金、金、金・・・と咎められ家にも入れてもらえない始末。

しかし何故か無門はどんなに罵られても決して怒らず黙々と稼ぎの良い仕事を探しては家に金を入れるだけのために帰り、自分は家に入れてもらえないので他人の家に寝泊まりする・・・。こんな情けない生活を送ってます。

物語のクライマックスのシーンで、この二人の不思議な関係の理由がわかる件は少し泣けます。

来年映画化、キャストはどんな感じ!?

www.shinobinokuni.jp

2017年夏頃に実写化されるようです。

キャストを見てみると主人公の無門役には嵐の大野智。お国役には石原さとみ・・・となかなか豪華ですね。

人のよさそうに見える大野智が残忍な忍者をどのように演じるか見ものですね~。

石原さとみは「気が強くて美人」のこの役にはぴったりだと思いますが(^^;)

まとめ

同著者の「村上海賊の娘」を読もうと思ってましたが「新潮文庫100冊」に選ばれていたのが目に留まり、こちらの方を手にとってしまいました。

同著者の作品としてもう1作品「のぼうの城」という本があります。

どれもマイナーな史実を取り扱ってますが評判は高いですね。

なんというか歴史小説は「古臭い」「長ったらしい」という印象が少しばかりありますが著者の和田竜氏の歴史小説はモダンに仕上がっていてとても読みやすいと感じました。

表紙のビジュアルやタイトルも歴史小説特有の堅苦しいものではないのも手に取りやすい大きな要因かと思います。

今まで歴史小説を敬遠していた方にも是非、オススメしたいです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク