【大豆田とわ子と三人の元夫】のキャスト・見どころ・前評判を紹介!

『大豆田とわ子と三人の元夫』はカンテレ・フジテレビ系の2021年春ドラマ。
4月より毎週火曜日、9時放送です!

主人公はバツの女社長、とわ子。
とわ子の3人の元夫に振り回されがらも日々奮闘する姿を描くロマンティックコメディです。

主演は松たか子。
フジテレビ系の連続ドラマに主演するのは何と15年ぶりです。
3人の元夫も岡田将生、角田晃広、松田龍平と個性派俳優が名を連ねます。

目次

大豆田とわ子と三人の元夫の内容と見どころ

大豆田とわ子はこれまでの人生で三度結婚し、三度離婚している。
「あの人、バツ3なんだって」
「きっと人間的に問題があるんでしょうね」
そりゃ確かに、人間的に問題がないとは言わない。
だけど、問題のない人間なんているのだろうか。
離婚はひとりで出来るものではなく、二人でするものなのだ。
協力者あってのバツ3なのだ。
そして今もまだ、大豆田とわ子は三人の元夫たちに振り回されている。
何かとトラブルを持ち込んでくるのだ。
どうやらみんな大豆田とわ子のことが好きで嫌いなのだ。
果たして、四人はそれぞれの幸せを見つけることができるのか?

公式HPより引用

ストーリーは脚本家・坂元裕二による完全オリジナルになります。
坂元裕二と言えば『東京ラブストーリー』、『Mother』、『最高の離婚』、『カルテット』など数々の名作ドラマを手掛けたベテラン脚本家。

『東京ラブストーリー』なんてもう20年以上も前ですよね…。
そんな昔の名作ドラマから現在大ヒット中の映画『花束みたいな恋をした』まで実績の多い脚本家なので期待できますね!

ストーリーは特に変人という訳ではないが何故かバツ3の女社長、とわ子が今でもとわ子のことが好きな3人の元夫に振り回されながらも日々奮闘する姿を描くロマンティックコメディ。

公式HPの松たか子さんのインタビューではメッセージ性が強いドラマではなく、何の説得力のない人たちが生きていく話なんだとか…。
肩の力を抜いて楽しめそうですね~。

ドラマの1番の見どころは松たか子さんと演じる、とわ子と3人の元夫たちの掛け合いとのこと。
実力派の坂元裕二が脚本を手掛けているのでちょっとした場面でもしっかり泣き笑いを提供してくれそうですね。

大豆田とわ子と三人の元夫のキャスト

大豆田とわ子(松たか子)

建設会社「しろくまハウジング」の社長。
洋服が好きで、明るく、お茶目で、ちょっとせっかちで、どこかとぼけていいるという可愛らしい性格だが実はバツ3。
3人の元夫とは未だ交流があり振り回さる。

中村慎森(岡田将生)

とわ子の三番目の夫。
口が悪く上から目線のイケメンエリート弁護士。
とわ子の会社の顧問弁護士を務める。
「それ、いります?」が口癖。
とわ子と何故、結婚して離婚したのかは謎。

佐藤鹿太郎(角田晃広)

二番目の夫。
ファッションカメラマンをやっていて業界では有名で腕もいい。
とわ子のことが今でも好きだが器が小さいのが難点。

田中八作(松田龍平)

最初の夫。
東京・奥渋谷にあるレストラン「オペレッタ」のオーナー兼ギャルソン。
とわ子との間に娘、唄がいる。
何故が自動的に女性にもててしまう優しい2枚目。

綿来かごめ(市川実日子)

とわ子の親友。
不器用で仕事は長続きしないがとわ子とは楽しいとこも悲しいことも分かちあえる間柄。

松林カレン(高橋メアリージュン)

とわ子の部下。
建設会社「しろくまハウジング」の営業の責任者。
仕事の面でとわ子を支える存在。

三ツ屋早良(石橋静河)

田中八作の親友の彼女。
自動的に女性にもててしまう八作と恋の予感?

小谷翼(石橋菜津美)

中村慎森と公園で偶然出会う。

古木美怜(瀧内公美)

女優。
撮影をきっかけに佐藤鹿太郎と出会う。

大豆田唄(豊嶋花)

とわ子と八作の娘。
生まれてからずっと反抗期。
とわ子や元夫たちを常に冷静な目で見ている。

六坊仁(近藤芳正)

「しろくまハウジング」の重鎮。
とわ子の良きアドバイザー。

大豆田旺介(岩松了)

とわ子の父。
元参議院議員だが最近は落選が続いており現在は無職。

大豆田とわ子と三人の元夫の前評判

ピノ

SNSでは期待の声が多いです!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる