【イチケイのカラス】第2話ネタバレあらすじ・感想|上からの圧力と戦いながら事件の真実を追求!

民放初の裁判官が主人公のリーガルドラマ【イチケイのカラス】。
自由奔放で型破りな裁判官×堅物のエリート裁判官が繰り広げる爽快リーガルエンタテイメントが堪能できます!

今回は第2話をご紹介します!

\ 2週間無料です /

イチケイのカラスの動画を無料視聴する方法はこちら

目次

【イチケイのカラス】第2話のキャスト

キャスト
  • 入間みちお(竹野内豊)⇒絶対の冤罪を生まないように徹底的に検証を行う、異端刑事裁判官。
  • 坂間千鶴(黒木華)⇒東大法学部出身の超エリート。若くして特例判事舗になる。
  • 駒沢義男(小日向文世)⇒イチケイの部長。刑事裁判官一筋30年のベテラン。
  • 石倉文太(新田真剣佑)⇒裁判所書記官。ムードメーカー的存在。
  • 川添博司(中村梅雀)⇒主任書記官。石倉、浜谷、一ノ瀬の上司。
  • 浜谷澪(桜井ユキ)⇒姉後肌でサバサバした性格の裁判所書記官。
  • 一ノ瀬糸子(水谷果穂)⇒新人の裁判所事務官。
  • 井出伊織(山崎育三郎)⇒正義感の強い、中堅検事。
  • 城島怜治(升毅)⇒主任検事で井出の上司。

【イチケイのカラス】のキャストについてはこちらの記事もご参照ください!

あわせて読みたい
【イチケイのカラス】のキャストと最終回までのネタバレあらすじ・感想と見どころ
【イチケイのカラス】のキャストと最終回までのネタバレあらすじ・感想と見どころ『イチケイのカラス』は2021年4月にフジテレビ系月9枠で放送予定のドラマです。主演は竹野内豊と黒木華。リーガルドラマは数多いですが裁判官が主役のドラマは中々あり...

【イチケイのカラス】第2話のあらすじ

みちお(竹野内豊)たち地裁チームと、甲子園出場経験もある井出(山崎育三郎)を擁する地検チームによる、恒例の草野球試合が行われた。坂間(黒木華)は、2打席連続ランニングホームランの井出を迎えた投手のみちおに対し、敬遠すべきだと主張する。しかし、みちおは、0.1%でも可能性があるなら勝負がしたいと言い出し……。
その夜、坂間は、最高裁判所判事で、司法研修所時代の上席教官でもある日高(草刈民代)から呼び出され、あるパーティーに出席する。そこで坂間は、最高裁事務総局の事務総長・香田健一郎を紹介される。健一郎は、坂間が東京地裁第3支部の立て直しを任されていることを承知しており、人事局でもみちおの存在が問題視されつつあることを彼女に告げる。それを受けて日高は、みちおの問題行動に対して処分が必要だと判断した場合は人事局にあげてほしい、と坂間に指示する。
そんな折、イチケイの部長・駒沢(小日向文世)は、合議制で扱いたい案件があるとみちおたちに告げる。それは、1審で有罪判決が下された、人気料理研究家・深瀬瑤子(前田敦子)による幼児虐待事件だった。瑤子は、当時1歳半の長女が泣き止まないことに苛立ち、激しく揺さぶるなどしてケガを負わせたことにより、傷害罪で2年6ヵ月の有罪判決を受けていた。だが瑤子は判決を不服として控訴。それを受けて高裁は、審理内容を精査し、地裁に差し戻したのだ。しかし、実はこの案件、第1審の裁判長を健一郎の息子・隆久が務めた“取り扱い要注意”案件で……。

公式HPより引用

『イチケイのカラス』を見逃した人は動画配信サービスFODプレミアムとTVerで観ることができます。
※TVerは1週間限定で最新話のみです。

\ 2週間無料です /

イチケイのカラスの動画を無料視聴する方法はこちら

動画配信サービスは月額で金額が発生しますがFODプレミアムは1,000円を切る、976円(税込)。
昔のようにDVDをレンタルすることを考えれば全然、安いと思います。

しかもFODは初めて加入する場合、無料期間があるので是非、試してみてください!

【イチケイのカラス】第2話の見どころ(ネタバレあり)

幼児虐待事件の真実は!?

今回のメインストーリーになるのは幼児虐待事件の裁判。
案件は1審で有罪判決が出てますが被告が控訴したことにより、高裁が地裁に差し戻したものです。

しかも第1審で有罪判決を下したのは最高裁事務総局の事務総長・香田健一郎の息子、隆久です。

隆久は裁判を傍聴し、わかりやすい圧力をかけてきます…。
裁判官は「間違えてはいけない」ということを信条とし、父の威光をモロに受けている隆久にとってはあまり事件をほじくり返さずにさっと有罪判決を下して欲しそうです。

しかしみちおはそんなことに一切、気にせずマイペースに裁判を進めていきます。

果たしてみちおはどんな判決を下すのか!?

坂間の今後はどうなる!?

今話の冒頭で司法研修所時代の上席教官でもある日高(草刈民代)に呼び出され、最高裁事務総局の事務総長・香田健一郎を紹介された坂間。

そしてみちおの行動に問題があった場合は人事局に挙げて欲しいと頼まれます。

みちおは信念を持ち、正しい裁判をしていると思いますが…。
ある意味、型破りで問題だらけの裁判官です。

人事局は型破りのみちおのことをあまりよく思っていない様子。
坂間がその気になればみちおに問題があるとして人事局に告げるのは簡単かも知れません。

その方が坂間の出世にも有利に働くでしょう。

しかし坂間は今話の終盤で「入間みちおに問題はない」と日高に告げます。
事務局長の息子、隆久にも啖呵を切りました。

日高は「私を失望させないでね」と坂間に告げますが坂間の今後はどうなるのでしょうか…。

【イチケイのカラス】第2話の感想

今回は幼児虐待事件を取り扱ったストーリーでした。
そして事務局長の息子の圧力にどう立ち向かうかという側面も描かれてましたね。

もちろん、みちおは上からの圧力なんて全く気にしてないですが(^^;)
坂間はエリートコースを歩んでいる裁判官。

今回の裁判で大いに悩んだ姿が描かれてましたね。
出世コースを歩みたい…。
しかし最後はちゃんと裁判官として正しい判断した坂間。

ストーリーとしては清々しくて良いのですが彼女の将来はどうなるか心配になりました。

最近のドラマは本当に展開が早いな~と思います。
坂間がすでにどんどん出世コースから外れているような(^^;)

このままイチケイで大切なことを学びつつもしっかり出世コースを歩んでいただきたいものです。

そして今話のストーリーの終盤でみちおの過去の話に少し触れました。
みちおが裁判官になったきっかけになった事件…。

ドラマの鍵を握るのでしょうか!?
楽しみですね!

\ 2週間無料です /

イチケイのカラスの動画を無料視聴する方法はこちら


よかったらシェアしてね!
目次
閉じる