リバウンドを防げ!!ダイエットの天敵とその対策

前の記事でダイエットの成功談から「ダイエット成功の秘訣」を書かせていただきました。

無理なくダイエットを成功させる5つの秘訣

しかし、ダイエットは成功した後・・・

「維持し続ける」ことが大変です。

私は過去3回、10kgレベルのダイエットに成功してますが逆に言うと同じ数だけリバウンドしております(-_-;)

一回目のダイエットはジムに通ったり、無理な食事制限をしたのである意味リバウンドは仕方ないな~と思うのですが、その他の2回は無理なくダイエットを行い、ある程度の期間は維持しておりました。

しかし、ある「天敵」の出現でリバウンドコースへ進んでしまうのです・・・

スポンサーリンク

ダイエットの天敵とは!?

ストレスはすべてをダメにする!?

私の見解ですがズバリ「ストレス」です。というかストレスは地球をダメにします!

・・・昔、こんな歌、流行りましたね~(私と同じ年代の方は知ってるはず!?)

・・・本題に戻ります。

私がそうなんですがダイエットをする必要のある人とは「太っている人、太りやすい人」でこのような人は基本「食べるのが好き」な方だと思うんですね。毎日、自分の好きなものを腹いっぱい食べる生活は最高です。しかし、これでは太って当然ですよね。ですので前回の記事で紹介したように

  • 無理のないライフスタイルを確立する

要は好き放題は食べれないが、我慢しなければいけない程でもないギリギリの線をつくのです。

これができればリバウンドすることはありません。人は病気でもしない限り急には痩せれませんが急に太ることもありません。

しかしストレスが溜まり過ぎるとこのライフスタイルが破綻してしまい、それが長期間続くことによりリバウンドしてしまうんですね~。

食べるのが好きな人は、ストレス発散を「食べる」ことで解消してしまう傾向にあると思います。私がそうでした・・・。

私のリバウンド体験

一回目のリバウンドは「失業中」の時。やはり、将来が不安でストレスが溜まったのかと思います。私は社会人になって職がなかった時期はこの時の半年間程度なのですが、今思えば、割り切って色々遊んでも良かったな~とも思います。

当時はそんな心の余裕もなく食べることだけが楽しみでした(苦笑)。

その後、何とか今の会社に就職でき職場に慣れてきたころから徐々にダイエットをはじめて暫く維持してました。

しかし、次は仕事が超多忙になり、またもやライフスタイルが破綻。仕事のプレッシャーから夜は毎日、好きなラーメンを食べ、さらに帰宅時にはコンビニで甘いもの買って食べて寝る・・・。

こんな生活を送ってたら太りますよね(苦笑)。もはや「お腹が空いてるので食べる」のではなく「ストレス発散」のためにお腹が空いてもないのに兎に角食べてました。

こんな生活がだめだと気付かされたのは健康診断の結果。若いころでしたら肥満は「ただ太っている人」で済みますが年を重ねると肥満は生活習慣病予備軍に直結することを思い知らされました。

 このままではマズいと思い、ダイエットを再開しました。現在、4か月目で体重は7kg減です♪ベスト体重までもう少しというところです。

しかし相変わらず仕事は忙しい・・・。

ですので今回はリバウンド対策としてストレスと上手く付き合う方法を考えてみました。

ストレスと上手く付き合う方法とは

食べること以外にストレス発散方法を見つける。

王道ですね(笑)私は趣味や習い事をはじめました。このブログでも書いてますがペン習字やイラストですね。趣味は上手くなろうと思いすぎると逆にストレスになるので気楽にやろうと思います(^^)/

太りにくい食べ物をチョイスする

ストレスが溜まりどうしても食べたい衝動に駆られたときはできるだけ太りにくい食べ物をチョイスすると良いと思います。ひと昔前でしたらサラダ等の味気ないものがその代表格でしたが糖質制限の観点では「肉」もダイエット食と言えます。美味しい焼き鳥屋でたらふく「焼き鳥」を食べるのはいかがでしょう。逆にダメなのは炭水化物でラーメンやごはんものです。私は無類の麺類好きでどうしても食べたくなるときがありますがその時は「低糖質」の代替品でなんとか凌いでます。

この代替品についてもいずれブログに書きたいと思います。

解禁日をつくる

週に1食程度は「好きなものを食べてもよい」等、息抜きをいれることにしました。

ダイエット中はどうしてもストイックになりがちですが、これでは長続きしない気がします。リバウンドする原因は不摂生を長期間続けること。たまに好きなものをたくさん食べる程度なら問題ないと思ってます。

ブログのカテゴリーに「お店紹介」というのを設けておりますが、ここでは主に解禁日に行く美味しい店を紹介していけたらな~と思ってます。

まとめ

この時代、ストレスの全くない生活は難しいと思います。私のようなうだつの上がらないサラリーマンでもこの年になると会社でそこそこ大きい案件を任されたりします。

ですのでストレスとは「上手く付き合う」しかないのかな~と思ってます。

しかし前述した通り、30歳も半ばに差し掛かると不摂生は健康に直に響いてきます。身体を壊しては大変ですし、それこそ鬱にでもなったら・・・

頑張ることは大切ですが、くれぐれも「無理は禁物」です。自分にも言い聞かせていきたいと思います(^^;)

スポンサーリンク

スポンサーリンク