読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KAZULOG

趣味と共に成長するブログ

アニメソングでジャズはいかがでしょう?【アニソンで聞くおすすめジャズアルバム5選】

f:id:kazu0610blog:20170304003514j:plain

アニメソングでジャズと言うのも意外な組み合わせかも知れません。

 

大人になるに連れ、アニメソングはあまり聴かなくなりますが・・・。

ほとんどの方は子供のころはお気に入りのアニメソングがあったのではないでしょうか。そして今でも記憶に残っているはず・・・。

 

ある意味、アニメソングは誰もが通る道。

子供向けにわかりやすくキャッチなメロディの曲が多いのですが、ジャズアレンジするとグッとカッコよくなったりします。

 

今回はおすすめアニソンジャズアルバムのご紹介です(^^)/

トムスJAZZ

by  東京ブラススタイル

 

2007年 に結成された管楽器中心の女性メンバーのみのバンド。

主にアニメソングを中心にジャズアレンジで演奏します。

 

今年で10年目になるので結構長く活動していますがメンバーの入れ替わりは激しいです。卒業!?したメンバーはトランぺッターの高澤綾さんみたいにソロのジャズミュージシャンとして活躍されている方もいらっしゃいます。

 

本アルバムはアニメーション制作会社のトムス・エンターテインメントの50周年を記念し制作されました。

アレンジにサックスの本田雅人、ボーカルにmeg、そして演奏は東京ブラススタイル

 

取り上げれている曲は「アタックNo.1」「ねえムーミン」「CAT'S EYE」など。

1970~80年代の曲が多いです。

大人こそ楽しめるアルバムです。

 

Amazonプライム会員の方はAmazonミュージックで無料で聴けますよ(^^)/

 

クラブ・ジャズ・ディグス・ルパン三世

Various

 

 

ルパン三世の曲はアニソンである以上にジャズソングといっても過言ではないくらい。

ジャズピアニストの大野雄二さんの作曲ですから。

 

大野さん自身のピアノトリオのアルバムも勿論、おすすめなのですが、今回は「クラブ・ジャズ・ディグス・ルパン三世」を取り上げたいと思います。

 

クラブ・ジャズだけあって洗練されたアレンジで今を活躍する海外・国内のジャズミュージシャンが「一度は誰でも聴いたことのある」ルパン三世の名曲を演奏します。

 

1曲目の「ルパン三世のテーマ(SOIL &“PIMP”SESSIONS)

3曲目の「ルパン三世・愛のテーマ(EGO-WRAPPIN' AND THE GOSSIP OF JAXX)

 

が特におすすめ。

 

曲自体は知らなかったけど2曲目の「非常線突破」のマックス・イオナータのサックスも良かったな~(^^)

 

おすすめが前半に集約されてしまいましたね(^^;)

 

こちらもAmazonプライム会員の方はAmazonミュージックで無料で聴けます。

 

 

ジブリ・ジャズ

All That Jazz feat.COSMiC HOME 

 

ジブリの音楽はハズレなし!

どれも名曲で子どもから大人まで親しまれている曲ばかりですよね。

 

ジャズアレンジすることで「ちょっとオシャレに」「ちょっと大人」な感じなイメージに仕上がっています。

 

おすすめはある意味全部ですが・・・。

 

2曲目の「海の見える街」のピアノトリオ、11曲目の「時には昔の話を」のノスタルジックなボーカルが印象に残ってます。

 

因みに「ジブリ・ジャズ2」もありますが個人的には、まずこちらを聴いていただきたいです。

 

プラチナ・ジャズ~アニメ・スタンダード

by ラスマス・フェイバー・プレゼンツ・プラチナ・ジャズ

 

 

 スウェーデンのミュージシャン、ラスマス・フェイバーによるアニソンのジャズアレンジカバーアルバム。

 

Vol.1~4まで発売されています。

 

曲が新旧バラエティに富んでいて、幅広い年代で楽しめそうです。

 

Vol.1~4の中でお気に入りの曲、懐かしい曲が入っているものを選ぶと良いと思います。

 

私見では・・・

 

Vol.1の「夢色のスプーン(「スプーンおばさん」より)」

Vol.2の「愛・おぼえていますか(「超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか」より)」

Vol.4の「空からこぼれたSTORY(「名探偵ホームズ」より)」

 

がお気に入り。若い方は知らないかもです(^^;)

 

シリーズを通じてAmazonプライム会員の方はAmazonミュージックで無料で聴けるのでプライム会員の方は要チェックです!

 

 ディズニー・ミーツ・ジャズ ~トリビュート・トゥ・ウォルト・ディズニー

by GIL GOLDSTEIN

 

最後はディズニーで。

ピノキオの「星に願いを」、白雪姫の「いつか王子様が」などは古くからジャズスタンダードナンバーとして数多くミュージシャンに演奏されてきました。

 

ディズニーの曲を取り上げたアルバムはそれこそ沢山ありますが、今回はウォルト・ディズニーの生誕100周年を記念してつくられた「大人のジャズアルバム」を紹介します。

 

ピアノ、キーボードのギル・ゴールドスタインやアルトサックスの名プレイヤーのデビッド・サンボーンが織り成すアダルトなジャズアレンジはディズニー本来の「明るく楽しい曲」とは一線を画す仕上がりになってます。

 

おすすめはやっぱり

 

デビット・サンボーンの「星に願いを」か・・・。

youtu.be

 

まとめ

 

「ジャズは名曲はない。名演あるのみ」なんて言葉がありますが、子供のころに聴いた懐かしいアニメソングをジャズミュージシャンによる名演奏で愉しむはいかがでしょうか(^^)

 

 

↓現在、読者募集中です!