ジャズと読書が中心の趣味ブログ 【詳細はこちら】

賃貸でもクローゼットの扉をDIYしたい場合はリメイクシートが1番!【初心者でも簡単】

賃貸マンションで収納が充実しているのは嬉しいですよね!
でも賃貸マンションに据え置きのクローゼットが何かイマイチ、オシャレじゃない…。
リメイクしたいけど賃貸物件なので本格的DIYは難しい…。

そんな時はリメイクシートがあります!
今回はリメイクシートでDIYを行い、クローゼットの雰囲気を変えてみたのでご紹介しますね(^^)

目次

リメイクシートは賃貸でも使える手軽なDIY

リメイクシートはどこで買えるの?

カズローのアイコン画像カズロー

通販でも100均でも購入可能です!

ダイソー、セリア等の100均でも購入可能ですし、Amazon、楽天で「リメイクシート」で検索すれば複数の商品がヒットすると思います。

100均でも見栄えが良いですがやはり安いだけあって長時間貼っていると色々と問題も起きるようです。
縮んできたり、剥がしにくくなったり…。
少しのスペースでワンポイントで貼るなら100均でも充分だと思いますが、広いスペースに貼って大きくイメチェンしたい場合は避けた方が良いかも知れません(^^;)

リメイクシートを貼るのは簡単?

カズローのアイコン画像カズロー

貼るスペースによっては二人で作業して方が良いかも

小物や小さな棚の一面に貼るくらいなら一人でも充分対応できると思います。
意外とキレイに貼れます!

大工道具を使う本格的なDIYに比べると敷居は低いです。
しかも見た目の印象がガラッと変わるのでDIY初心者にもおすすめですね

ただやはり貼るスペースが広くなるとちょっとのズレが後々響いたりするので…。
二人で慎重に貼る方が良さそうです。

私は今回、大き目のクローゼットの扉の全面に貼ったので妻と二人がかりで作業しました。
初めてにしては上手く貼れたと思います!

でもきめ細かなところは大雑把になったかも知れません(^^;)

リメイクシートを貼る時の注意点は?

カズローのアイコン画像カズロー

貼る時より剥がす時に注意しましょう

100均のリメイクシートは剥がしにくいと前述しましたが、100均のリメイクシートでなくとも、長時間貼ると剥がしにくなりますし多少は劣化もします。
賃貸OKと書いているリメイクシートでも完全にキレイに剥がせる保障はないのでその辺りは重々に留意する必要があります。
貼る側の素材の状態が悪い(例えば化粧板の表面が剝がれやすい)状態で貼ってしまうと素材自体に傷がついてしまい、結果、原状回復で高くつく場合も…。

ネットで検索してみてもこのようなリメイクシートの失敗談が見受けられます。
自前で購入する棚にリメイクシートを貼る分は良いですが賃貸に据え置きの家具や壁に貼る場合は、リスクがあることを念頭に置いていただければと思います。

私が今回、リメイクシートを貼る箇所は賃貸マンションの据え置きの大きなクローゼットだったので原状回復のことを考えると迷いましたが…。
賃貸といえどすぐに引っ越すつもりはなく、やはり毎日、生活するのにテンションが上がる空間にしたかったのでリメイクシートを貼りました。

妻は何度かリメイクシートを活用してますが剥がす時は貼る時以上に慎重にしているそうです。
ドライヤーで熱して粘着力を弱めてから剥がす、あるいは市販のシール剥がし液を購入するなどして対応することをおすすめします。

賃貸の扉にリメイクシートを貼った実例

部屋の片側全面におよぶクローゼット

私の住んでいる賃貸マンションの1室には部屋の片側全面におよぶ大きなクローゼットがあります。
収納スペースがたくさんあるのは嬉しい限りですが…。

クローゼットの反対側にソファを置いてるので、ソファに座った時の対面がクローゼットと扉というのはちょっと殺風景…。

せめてクローゼットの扉をおしゃれにしたいという想いから今回のDIYに踏み切りました。

リメイクシートを貼るのに準備するもの

kこ
材料
  • リメイクシート
  • はさみ・カッター
  • 定規
  • ヘラ
  • ドライバー(取っ手の取り外し用)

購入したリメイクシートは【「RELIVE」壁紙シール 簡単 模様替え おしゃれ 木目 DIY【45cm× 10m】 (ヴィンテージブラウン)】
縦が2m40cmを6枚なので2つ購入しました。

クローゼットの取っ手も取り替えることにしました。

うちのクローゼットの取っ手は規定サイズのねじで止めているだけだったので取り外しが簡単でした。
クローゼットのつくりによっては取っ手を外すに難易度が上がるかも知れません。
今回はラッキーでした!

リメイクシートを貼るのに必要なものは全て家にあるもので対応できました。
ヘラ以外は大体のご家庭で既にあるものではないでしょうか。

ヘラがない場合は100均でも購入できますので用意しておくと良いと思います。

今回の作業手順

作業手順
  1. クローゼットの寸法を測る
  2. リメイクシートをクローゼットの寸法通りに切る(少し大き目)
  3. クローゼットの取っ手を外す
  4. 上から左右の均等を気にしながら貼っていく
  5. 空気が入らないようにヘラを使って貼っていく
  6. 上下左右の端の部分の余ったリメイクシートは内側に貼り付ける
  7. 全て貼り終わったら新しく購入した取っ手をつける

クローゼットの寸法はリメイクシートを購入する前に測っておきます。

左右に少しだけ余るので内側に貼り付けます

今回、買ったリメイクシートの寸法が45cm×10m。
クローゼット扉は6枚あってそれぞれが43cm×240cmの大きさです。

左右はちょうど左右に1cmほど余る計算なので、縦だけ240cmより少し大きめに切って、左右の端の余りがちょうど均等になるように貼り付けていきます。

私が脚立を使い、上から貼り、徐々に下方向に貼り付けていきます。
妻にはリメイクシートを下から持っててもらいます。

ヘラを使えば空気が入らずキレイに貼れます!
しかし何分、長いので少しでもズレてしまえば下に降りれば降りるほどズレが大きくなり、左右どちらかの余りが無くなってしまうことも…。
ですので途中で何度も両端の余り具合を確かめながら慎重に貼っていきます。

1面だけ失敗して、再度貼り直しましたが、何とか無事に終わりました!
なんやかんやで2時間くらいかかったかな~。

取っ手をつけて完成形がこちら!

リメイクシートを貼る前のクローゼット
上の画像と比較すると大分印象がかわりました!

出来栄えは非常に満足!
細かいところに多少アラが出てますが(^^;)
少しずつリカバリーしていきたいと思います!

まとめ

リメイクシートはDIYの初級編として最適だと思います!
部屋の雰囲気を変えたい人、もっとおしゃれにしたい人は是非、試してみてください。

今後はおしゃれにしたクローゼットの扉にポスターなどを貼ってさらにおしゃれにしていきたいと思ってます。

関連記事

目次
閉じる