ジャズと読書が中心の趣味ブログ 【詳細はこちら】

サラ・ヴォーンおすすめ名盤5選【豊な音色、脅威の音域で魅了するジャズシンガーの女王】

ジャズ史上において女性三代ボーカリストの1人、サラ・ヴォーンを名盤とともにご紹介します。
1940年代のビ・バップの初期の頃から活躍するジャズシンガー。

1980年代まで活躍した、まさにモダンジャズシンガーに女王と呼ぶに相応しいミュージシャンです。

目次

サラ・ヴォーンの主な経歴

出生名:Sarah Lois Vaughan
生誕:1924年3月27日
出身地: アメリカ合衆国
担当楽器:ヴォーカル

西暦内容
1924年アメリカ合衆国ニュージャージー州ニューアークで生まれる
1942年アポロ・シアターのアマチュア・ナイトで優勝。
1954年ポピュラー路線、ジャズ路線の両方で多くの名盤を録音するなど全盛期を迎える。
1966年まで継続的にレコード契約を結んでいた。
1967年レコード契約のない不遇の時期を過ごす。
しかしながらライブ活動は精力的に行い、死後にこの頃のライブ録音が発表される。
1977年ノーマン・グランツの誘いでパブロ・レコードに在籍する。
円熟味の増したボーカルで再び脚光を浴び、1982年には第25回グラミー賞で最優秀女性ジャズ・ボーカル・パフォーマンス賞を獲得
1990年肺がんのため66歳で死去。

サラ・ヴォーンの紹介

サラ・ヴォーンはビバップの初期から活躍するジャズシンガー。
ジャズ史上、女性三代ボーカリストの1人に数えられます。
3オクターブ以上と言われる広い音域と豊かな音色で聴衆を魅了しました。

サラ・ヴォーンは1924年生まれ。
十代でアポロ・シアターのアマチュア・ナイトに優勝したことをきっかけに本格的にジャズシンガーとして活動します。

当時からボーカルとして非凡な才能を発揮していたサラ・ヴォーンですが、アール・ハインツ楽団ではセカンドピアニストも兼任してました。
実はサラ・ヴォーン、ピアノも相当上手かったようです。

1944年にビリー・エクスタイン楽団に参加。
ここではチャーリー・パーカー、デイジー・ガレスピー、アート・ブレイキーなどモダンジャズの核となったミュージシャンたちと共演しました。

まさにモダンジャズシンガーの女王ですね。

1947年に「It’s Magic」が大ヒット。
1950年代に入ってもクリフォードブラウンとの共演などジャズ、ポップスの双方で数々の名盤を残します。
1960年代後半には当時の大スター、ビートルズの曲もカバーしてます。

しかしその後はレコード会社と契約できない不遇の時期を数年間にわたり味わいます。
この頃、すでにキャリア20年以上のベテランのサラ・ヴォーンですが…。
サラ・ヴォーンほどのシンガーでもずっと活躍し続けるのは難しいのですね〜。

サラ・ヴォーンはレコードを出せなくても精力的にライブ活動を行っており、死後に当時のライブ録音がリリースされ、名盤として残ってます。
実力は衰えていなかった証拠ですね!

1970年代後半。
サラ・ヴォーンに再び脚光を浴びるチャンスがやってきます。

1977年、ノーマン・グランツに誘われて彼の運営するパブロ・レコードと契約をします。
円熟味を増したボーカルで再び、名盤を量産することに。
1982年には第25回グラミー賞で最優秀女性ジャズ・ボーカル・パフォーマンス賞を獲得します。

晩年はアルバムを出す機会はなくなったものの1990年に肺がんで亡くなるまで精力的にライブ活動を行いました。

サラ・ヴォーンのおすすめ名盤①

ラヴァーズ・コンチェルト ~ポップス・オン・サラ・ヴォーン

スタンダードナンバーを取り上げた名盤です。
『スター・ダスト』『いそしぎ』『オールド・オブ・ミー』『イパネマの娘』などジャズの定番曲がズラリと収録されています。

サラ・ヴォーンの深みのあるヴォーカルをスタンダードナンバーで堪能できるのでおすすめです。
アルバムタイトルにもなっている『ラヴァーズ・コンチェルト』は三菱自動車工業のシャリオグランディスのコマーシャルやドラマ『不機嫌なジーン』でも使用されたので聴いたことのある方も多いと思います。

サラ・ヴォーンのおすすめ名盤②

サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン+1

モダンジャズシンガーの女王と天才トランぺッターの共演です!
1954年の録音なのでサラ・ヴォーンのキャリアからすると初期のアルバムとなります。

サラ・ヴォーンの深みのあるハスキーボイスとクリフォード・ブラウンの歌心溢れるソロが相性抜群です。
『バードランドの子守唄』は是非、聴いていただきたいですね!

共演のトランぺッター、クリフォード・ブラウンはジャズ史上に名を残す、天才トランぺッターですが本アルバムを録音した2年後の1956年に不慮の交通事故を命を落とします…。

クリフォード・ブラウンの詳細記事もありますので合わせてご覧ください。

クリフォード・ブラウンおすすめ名盤5選【ジャズ史上に残る悲運の天才トランぺッター】

サラ・ヴォーンのおすすめ名盤③

枯葉(サラ・ヴォーン)

1982年に発売された名盤。
時期的にはすでに大ベテランの域に達した頃のアルバムですね。

本アルバムでは超絶技巧のギタリスト、ジョー・パスと共演しています。
サラ・ヴォーンの円熟味の増したヴォーカルと合わせ、ジョー・パスのギターも聴きどころです。

ジョー・パスの詳細記事もありますので合わせてご覧ください。

ジョー・パスのおすすめ名盤5選【美しい音色と超絶技巧で聴かせるソロギターは唯一無二】

おすすめ曲は『枯葉』。
スキャットで歌いきる『枯葉』は圧巻です!

サラ・ヴォーンのおすすめ名盤④

I Love Brazil!

1977年、サラ・ヴォーン自らブラジルを訪問し、ボサノバの第一人者、アントニオ・カルロス・ジョビンらと共演した名盤。
涼やかなブラジル音楽にサラ・ヴォーンの奥行きのある歌唱力のコントラストが絶品の1枚です。

『I Live To Love You』が素敵なバラードでおすすめです。

サラ・ヴォーンのおすすめ名盤⑤

Live at Rosy’s

サラ・ヴォーンが1978年、ニューオリンズのジャズ・クラブ『Rosy’s』で行ったライブを録音したアルバム。
やはりライブ盤は臨場感がありますね!
ちょうどノーマン・グランツに誘われて彼の運営するパブロ・レコードと契約しノリにノッている時期のサラ・ヴォーンのなので尚更、迫力があります!!

『I’ll Remember April』『My Funny Valentine』など定番の曲も収録されており、聴きやすいと思います。

まとめ

ジャズヴォーカルのアルバムはジャズのスタンダード曲を知るには最適です。
ジャズ史上、最高峰の評価を得ているサラ・ヴォーンの名盤は鉄板です!

これからジャズの曲を色々、知りたい方には特におすすめできます。

おすすめ記事

関連記事

目次
閉じる