王とサーカス【感想・あらすじ】本格ミステリー小説

『このミステリーがすごい!2016年版』第1位、『週刊文春2015年ミステリーベスト10』第1位、『ミステリが読みたい!2016年版』第1位と主要ミステリーランキング3冠王は伊達ではありません!オススメの1冊です。

スポンサーリンク

あらすじ(内容紹介)

2001年、新聞社を辞めたばかりの太刀洗万智は、知人の雑誌編集者から海外旅行特集の仕事を受け、事前取材のためネパールに向かった。現地で知り合った少年にガイドを頼み、穏やかな時間を過ごそうとしていた矢先、王宮で国王をはじめとする王族殺害事件が勃発する。太刀洗はジャーナリストとして早速取材を開始したが、そんな彼女を嘲笑うかのように、彼女の前にはひとつの死体が転がり……。「この男は、わたしのために殺されたのか? あるいは――」疑問と苦悩の果てに、太刀洗が辿り着いた痛切な真実とは? 『さよなら妖精』の出来事から10年の時を経て、太刀洗万智は異邦でふたたび、自らの人生をも左右するような大事件に遭遇する。2001年に実際に起きた王宮事件を取り込んで描いた壮大なフィクションにして、米澤ミステリの記念碑的傑作!

 異国の地、ネパールの首都、カトマンズが舞台

主人公の太刀洗万智(以下、万智)が事前旅行のため、ネパールに訪れたところから物語が始まります。物語の前半は本書の舞台となるネパールの首都、カトマンズの情景とそこで出会う人たちとの交流を描いてます。

 ネパールという異国の地を舞台にするので物語の前半部分でしっかり世界観を掴んでもらおうという狙いもあるのでしょう。

また、この段階での登場人物達の交流はありきたりのものですが夫々の人物像がわかるようなエピソードを盛り込んでいます。

 正直、この前半部分はカトマンズの街並みの様子や登場人物との他愛のないやり取りに終始するのでちょっと退屈に思えました。

また、異国が舞台なので聞き慣れない地名や言い回しも出てくるのでちょっと読みづらさも感じました。

 しかし、そこを我慢すると物語は急展開。一気に引き込まれます!

ジャーナリズムとは・・・。葛藤する主人公

主人公の成長物語として

「王族殺害事件が勃発・・・。」ここから物語は急展開。万智はフリージャーナリストとしてこの事件に立ち向かいます。そしてこの事件の真相は・・・。

 真相については読んでからのお楽しみということでここでは言及いたしませんが、万智は取材を進めるなかで、幾度かジャーナリストの意義を問われるような出来事に遭遇します。

「ジャーナリズムのあり方」について葛藤しながらも事件に真相に近こうと前進する万智・・・。

本書はミステリー小説ですが主人公、万智の成長物語としても共感できる作品となってます。

万智は他の作品にも登場している

同作家の「さよなら妖精」という作品に登場しています。本書より10年前の話らしいです。

 私はまだ未読ですのでストーリは存じませんが、ざっとAmazonのレビューを見る限りでは主人公ではないようですが重要な役割で登場しているのではと思います。

 この本に万智がジャーナリストを目指すきっかけなど描かれているのでしょか?

ちょっと気になります。

まとめ

主要ミステリランキング3冠王の作品だけあり引き込まれる内容でした。

 ミステリー小説としてもさることながら私が物語に引き込まれる大きな理由としては主人公、万智の成長を描いた人間ドラマが随所に盛り込まれているところですね。

 ただの謎の真相に迫る話ではなく、万智の想いや悩み、葛藤などを共感しながら読み進めていけるところが本書の魅力なんだろうな~と感じました。

 ミステリー好きでなくても十分、楽しめる作品です!

スポンサーリンク

スポンサーリンク