読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KAZULOG

趣味と共に成長するブログ

地味な仕事を派手にこなす【校閲ガール】

f:id:kazu0610blog:20170423034201j:plain

地味な職業を題材にしてますが内容は決して地味ではありません!

内容てんこ盛りのワーキングガールズエンタメ小説です。

あらすじ(内容紹介)

ファッション誌の編集者になる! という夢を抱えて出版社に就職した河野悦子(こうの・えつこ)が配属されたのは校閲部だった! 担当する原稿や周囲ではたびたび、ちょっとした事件が巻き起こり……! ? 読んでスッキリ、元気になる! 最強のワーキングガールズエンタメ☆(アマゾンより引用)

恋愛要素あり、ミステリー要素あり、笑いありのてんこ盛りエンタメ小説

「校閲」という普段あまり聞くことのないニッチな仕事についている女性を主人公にしたエンタメ小説です。主人公の河野悦子(以下、悦子)はファッション誌の編集者を目指し、出版社に入社できたのは良いものの配属されたのは「校閲部」。

校閲とは・・・

文書や原稿などの誤りや不備な点を調べ、検討し、訂正したり校正したりすること。「専門家の校閲を経る」「原稿を校閲する」 (デジタル大辞泉より引用)

 簡単に言うとこんなお仕事ですが誤字脱字、てにをは等のチエックだけでなく内容の矛盾までも指摘する(例えば江戸時代にカステラを食べているというシーンがあったら本当にこの時代にカステラが普及していたかを調べる)とても地味で根気のいる仕事です。校閲はファッション誌の編集者志望の悦子にとっては全く興味のない仕事ですが、勝気で曲がったことは嫌いな性格なのできっちりこなしていきます。

www.kazulog.com

以前に読んだことのある本作と同様に出版社を舞台にした小説「舟を編む」は辞書をつくるという一本、筋の通った物語でしたがこちらのは1章ごとに短編のような形になっていて主人公の悦子を中心として謎解きあり、恋愛要素あり、笑いありのてんこ盛りエンタメ小説です。

アマゾンの紹介でも「ワーキングガールズエンタメ☆」と評されている通り、読者ターゲットは若い女性なんだろうな・・・。

私は出版業界に比較的近い業界に勤めているので親近感を持って読めましたが(^^;)

 

石原さとみ主演でドラマ化

 

まさに今、石原さとみを主演でドラマやってますね。

news.nifty.com

 

視聴率は上々のようですね。石原さとみのキャスティングに関しては賛否両論みたいですが「気が強くておしゃれ」な人物像は私見では合っていると思います。

 

まとめ

私は印刷業界に従事してますが優秀な校閲者はニーズが高いです。

 

本来、校閲は出版社に属する職種ですが、制作・編集を行う印刷会社なら在籍していることもあります。クリエイティブなデザインや編集というのも勿論、武器になりますが「ミスを防ぐ」のと「地味に文章の品質」上げる校閲という仕事はクライアントの信頼を勝ち得やすいです。まさに縁の下の力持ちっていう感じの職業です。

 

本作はこの比較的スポットの当たりづらい「校閲」という職業を題材にし、また主人公に「おしゃれ女子」を持ってくるところがギャップがあって面白いですね。

 

因みに本作はこの1巻では完結しておりません。「校閲ガール ア・ラ・モード」という番外編と「校閲ガール トルネード」という続編があるようです。

こちらもまた読んでみたいと思います(^^)