ジャズと読書が中心の趣味ブログ 【詳細はこちら】

【ステキな金縛り】ネタバレあらすじ・感想|深津絵里、西田敏行の演技が映える、法廷を舞台にしたコメディ

 『ザ・マジックアワー』に続き三谷作品です。

2011年、実写版日本映画ナンバー1の大ヒット作。深津絵里、西田敏行、中井貴一等の豪華キャストで送る、法廷を舞台にしたハートフルコメディ。

ステキな金縛りって一体・・・。

目次

ステキな金縛りのあらすじ(内容紹介)

殺人事件の証人はただ一人…落ち武者の幽霊。今、全世界注目の裁判が、幕を開ける―!国民的脚本家としてエンターテイメント界を牽引する三谷幸喜監督作品!深津絵里、西田敏行ほか豪華俳優陣が集結! (アマゾンより引用)

youtu.be

ステキな金縛りの感想

法廷を舞台にしたハートフルコメディ

失敗続きの三流弁護士のエミ(深津絵里)が事務所のボス(阿部寛)に「今度失敗したら後がない」と、ある殺人事件を任されます。

殺人の容疑にかけらている男(KAN)はアリバイをとある旅館で「金縛り」にあっていたと話します。エミは容疑者の無罪を証明すべく調査を進めるうちに実際に容疑者を金縛りにした落ち武者(西田敏行)に出会います。

エミはなんとその落ち武者を法廷に呼び証言してもらうようにしますが、落ち武者は幽霊。見える人と見えない人が・・・。

特にメッセージ性がある訳ではないのですが三谷監督のストーリーの持っていき方は流石と思いました。落ち武者の幽霊である西田敏行を「見える人と見えない人がいる」という設定を巧みに利用しアッと驚く展開に持っていきます。出演の役者さんも実力派揃いなので巧妙な脚本を上手い演技で堪能できる・・・。そんな映画だと思いました。

ザ・マジックアワーと出演者が結構かぶっている!?

主演の深津絵里、西田敏行は前作のザ・マジックアワーにも重要な役で出てましたね。

三谷幸喜監督が送る傑作コメディ!【ザ・マジックアワー】

チョイ役ですが前作主演の佐藤浩市、小日向文世、 唐沢寿明、戸田恵子、そして前作では、ほんのわずかの出番のみだった中井貴一が本作では重要な役どころで出演しています。他には阿部寛、深田恭子、篠原涼子、竹内結子、草薙剛、KAN等、相変わらず無駄に豪華です!KANなんて久しぶりに見かけました。私の世代だと「愛は勝つ」で一世を風靡した人なんですけどね(^^;)

三谷監督の起用する俳優さんは「今は旬」というより「脂がのった」俳優さんが多く、年代的にも親近感を持てます。

主演の深津絵里は確か年齢は私より3つほど年上のはずですが、歳を取っていくに連れ素敵になっている気がします。幾つになっても「可愛らしい女性」でいられることができる稀有な女優さんだと思います。本作でもドジで可愛らしい役を見事に演じてます。

ステキな金縛りを視聴するには?

『ステキな金縛り』は動画配信サービスFODプレミアムとU-NEXT、Netflixで観ることができます。

動画配信サービスは月額で金額が発生しますがU-NEXTは月額1,990円(税別)、そしてFODプレミアムとNetflixは1,000円を切ります。(FODが888円、Netflixが800円※ともに税別。)

昔のようにDVDをレンタルすることを考えれば全然、安いと思います。

しかもFOD、U-NEXTともに初めて加入する場合は無料期間があります!

FODの動画配信サービスはフジテレビ系の動画配信サービスなので当然ながらフジ系のドラマには強いです。
昔の月9ドラマが好きな人は気になる作品がたくさんあると思います。

フジテレビ以外のドラマも取り揃えていて、ドラマ以外にもアニメ・バラエティ・スポーツ番組も充実してます。
是非、いちど無料体験してみてください!

FODプレミアムの公式サイトへ

U-NEXTは動画本数が20万本以上と動画配信サービスの中ではトップです。
ドラマ、映画、バラエティー、ドキュメンタリー等のジャンルも豊富です。
無料期間が31日と長いのも嬉しいです!

U-NEXTの公式サイトへ

Netflixは海外ドラマ・映画に強いのが特徴です。
月額料金も3つの中では一番、安価です。

しかし無料体験がなくお試しができないのが難点です(^^;)

Netflixの公式サイトへ

まとめ

先週末に久しぶりに観た『ザ・マジックアワー』が面白かったので、今回も三谷作品をチョイスしてみました。『清須会議』と本作とどっちを観ようか迷いましたが予告ムービーの深津絵里の魅力に負け、こちらを選びました(^^;)

まぁ、いずれは『清須会議』も観ようと思ってます。

思いっきり笑えて、あっと驚く展開があって、ちょっとした感動で最後は心が温まる・・・。彼はこんな映画を作らせたら一級品だと思います!なんか最近の邦画はヒットしたといえば小説やマンガが原作になっていることが多いですよね。三谷さんには是非、今後ともオリジナルの映画を作っていただきたいですね。

関連記事

コメント

コメントする

目次
閉じる