読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KAZULOG

趣味と共に成長するブログ

マチネの終わりに【読書感想・あらすじ】泣ける大人の恋愛小説

f:id:kazu0610blog:20170226015645j:plain

芥川賞作家、平野 啓一郎 さんの著書。

 

「思慮深さ」「プライド」「焦り」「妥協」「傷つくことの恐れ」「相手に対する想いやり」・・・。

 

経験を積んだ大人だからこそ、色んな感情が邪魔をしてすれ違う・・・。

 

最後まで物語の展開が読めない、もどかしく切ない大人たちの恋愛小説の読書感想です(^^)/

 

後半ネタバレを含みます。

あらすじ(内容紹介)

天才ギタリストの蒔野(38)と通信社記者の洋子(40)。

深く愛し合いながら一緒になることが許されない二人が、再び巡り逢う日はやってくるのか――。

出会った瞬間から強く惹かれ合った蒔野と洋子。しかし、洋子には婚約者がいた。

スランプに陥りもがく蒔野。人知れず体の不調に苦しむ洋子。

やがて、蒔野と洋子の間にすれ違いが生じ、ついに二人の関係は途絶えてしまうが……。

芥川賞作家が描く、恋の仕方を忘れた大人たちに贈る恋愛小説。

Amazonより引用)

 

 アラフォーの男女の恋愛小説です。

しかし、ただのアラフォーではありません。天才ギタリストの男性とジャーナリストで美人且つ才女が主人公です。

 

私はこの主人公たちと同年代ですが、この世代のトップをひた走るバリバリの二人って感じです。

 

出逢った瞬間にお互いに惹かれ合う・・・。

 

恋愛小説ではよくあるパターンですが、ここから先の展開が見もの。

 

何故か上手くいかない・・・。

 

ちょっとしたすれ違いなんです。

そう、ちょっとしたすれ違いなので話し合いさえすれば簡単に問題解決することなんですが経験を積んだ大人特有の「物わかりのよさ」というか「プライド」というか・・・。

 

 お互いの価値観を解かり合って発展した恋愛だったので相手を思いやりすぎたのでしょう。

 

その時の互いの気持ちを丁寧に描写されており、その関係は美しくも切なく、途中でちょっと読むのがつらくなりました(^^;)

(結局は読了しましたが・・・)

 

こんなアラフォー世代の大人の恋愛小説。

結末が気になる方は是非、読んでみてくださいね(^^)

 

 

ここから先はネタバレを含みます。

 

本書の見どころ

未来は常に過去を変えている・・・

一番、最初に主人公の二人が出会ったコンサートの打ち上げのスペイン料理屋で、洋子が「おばあちゃんとの想い出」を話した時の蒔野の台詞。

 

「人は変えられるのは未来だけだと思い込んでる。だけど、実際は未来は常に過去を変えてるんです。 変えられるとも言えるし、変わってしまうとも 言える。過去は、それくらい 繊細で感じやすいものじゃないですか?」

(本文より抜粋)

 

「未来は常に過去を変えている」

 

この言葉が本書の一つのキーワードになっています。

 

出逢った当時は恐らく二人にとってそんなに重要な言葉ではなかったと思います。

 

しかし、出会ってから以降は、すれ違いばかりで且つ蒔野はスランプ、洋子は病に悩まされて思うような人生を歩めません。

 

お互いに思い描いた人生とは別の方向に進んでしまいます・・・。

 

最終的には二人はそれぞれ「長期間のスランプ」「離婚」「友人の死」等、様々な苦労があった末、自分たちが歩んできた道なりに前向きな未来へと進んでいきます。

 

「そんなつらい時期があったからこそ今がある」

 

そんな風にもとれるこの「未来は常に過去を変えている」という言葉は、その後の二人の人生を集約しているうような深い言葉として心に残りました。

 

恋愛は「思いやり」より「強い気持ち」!?

今回、恋愛関連に絡んでくるのは主人公たちを含め、この4人

 

  • 蒔野(天才ギタリスト)⇒洋子に出会って一目惚れ。彼女なし
  • 洋子(ジャーナリスト)⇒蒔野に出会って一目惚れ。婚約者あり
  • リチャード(学者)⇒洋子の婚約者。
  • 三谷(蒔野のマネージャー)⇒蒔野に一途に惚れている。

 

本書は勿論、蒔野と洋子が中心の恋愛小説なのでこの二人にスポットが当たってます。

例えばリチャードの立場からしたら、婚約者を奪われそうになったということになります。

 

蒔野はクラッシクギターの天才。JPOPのミュージシャンとかよりも一般的には知名度は劣るとは思いますが、CDも売れているようですし、もしリアルにいたら「知る人ぞ知る」そこそこは有名な方なのではないでしょうか。

今のご時世でしたら仮に世間に知れ渡ったら「略奪愛」とイメージダウンかもしれませんね(^^;)

 

リチャードは洋子に婚約破棄をされても一途に説得します。

その辺りも、ある意味ドラマを感じます。

天才ギタリストに横恋慕されそうになったが「最後は強く、一途な思いが勝つ!」みたいな(^^;)

 

三谷は蒔野を盲目的に愛しているマネージャー。

彼女が蒔野の携帯から偽りのメールを送るのは本書の最大の見せ場!?ではないでしょうか。(詳しくはお読みください)

 

彼女の行動は褒められたものではありませんが、蒔野に献身的に尽くす描写は健気なところもあるなと感じます。

 

最終的にはどうなるか!?は別にして結婚をゴールにしたとするならば、「相手を思いやる、やさしく繊細」気持ちより「一途な強い」気持ちが勝ったような感じですね。

 

現実でも「やさしい気持ち」より「強い気持ち」の方に流されやすいかもしれません。

 

互いに違う相手と結婚しながらも「やさしく繊細」な恋愛感情をずっと持ち続けて物語が進む訳ですから切なくなるのは当然か・・・。

 

私は本来、複雑な事情が絡む恋愛ものは苦手なのですが、本書では恋愛小説の奥の深さを改めて感じました。

 

クラッシク好きは音楽をイメージできるかも

私はジャズ好きでクラッシクはさほど詳しくなく、ショパンなどのピアノの有名な曲を聴く程度です。

クラッシクギターというのは今まであまり聴くことがなかったですが、詳しい方は曲のイメージも連想しつつ、さらに楽しめるのではと思います。

 

本を読んでクラッシクギターも気になったところAmazonにて下記がありました。

 

 

 

本書を読んで気に入った方はまずは試聴されてはいかがでしょうか。

ギターの音色と美しいメロディに魅了された方は買いです(^^)

 

まとめ

私は小説やマンガを読むとき、必ずしも「同世代」でなければ共感できないとは思いません。どちらかいうと私の世代での恋愛ものは不倫的なものが多くドロドロしているのであまり好きではありません(^^;)

 

本書の序文には著者(平野 啓一郎)の「本書に対する想い」が書かれてますが、この物語には実在のモデルがいるようです。

 

私は主人公たちと同年代ですが、実在されているとしたら、それぞれの分野のトップクラスの人材でありながら謙虚で向上心も強く、人柄も良いこのお二人は、きっとキャリア的にも人間的にも大いにリスペクトできる人物でしょう。

 

そんな二人の気持ちを丁寧に描かれている「大人の恋愛小説」だからこそ感情移入できたのだと思います。

 

オススメです(^^)

 

↓現在、読者募集中です!