ジャズピアニスト(ピアノトリオ)おすすめ10選【初心者でも聴きやすい名曲とともに】

おすすめジャズシリーズのピアニスト(ピアノトリオ)編です。

ジャズの中でもピアノ(トリオ)の演奏はひと際人気が高いようです。

気品を感じさせる甘美な音色はトランペットやサックスとはまた違った良さを醸し出してます。

今回は初心者の方にも聴きやすい名曲(名演奏)とともに紹介したいと思います(^^)

スポンサーリンク

おすすめジャズピアニスト① ビル・エバンス(トリオ)

Waltz For Debby

ビル・エバンスのアルバム『Waltz For Debby』は日本で最も売れたアルバムとして有名です。

クラッシクを素地とし、静粛を重んじる美しく慎ましい彼の演奏は日本人向きなのかもしれません。

因みに「Debby」というのはビル・エバンスの姪っ子だそうです。

おすすめジャズピアニスト② キース・ジャレット(トリオ)

So tender

キース・ジャレットといえばケルン・コンサートのように一つのコンサートを「完全即興」でやってのけたり、長年オーソドックスなスタンダード曲を中心に演奏するスタンダーズ・トリオとして活動したり・・・。

どのようなスタイルでも彼の演奏はとにかく美麗の一言。

「完全即興」でも難解には聴こえず「スタンダード曲」でも退屈しません。

今回、紹介する曲は「完全即興」でも「スタンダード曲」でもありませんが(^^;)

彼のオリジナル曲でとても素敵な曲なので是非、聴いていただきたい曲です。

おすすめジャズピアニスト③ ジョバンニ・ミラバッシ

ハウルの動く城

現在のヨーロッパジャズの代表的ピアニストがジプリの曲を。

原曲を活かしたアレンジで甘美な音色で奏でられる演奏はとても上品ですね。

ジョアンニ・ミラバッシとはもう7年ほど前になりますが、東京のジャズバーで拝見したことがあります。

とある日本の女性ジャズピアニストのライブだったのですが途中からフラっと遊びにきにたようです。

ライブ終了後、その女性ジャズピアニストとの連弾は素晴らしいの一言でしたし、ちょっと特した気分でした(^^;)

おすすめジャズピアニスト④ バド・パウエル

クレオパトラの夢

ピアノをジャズの花形楽器に押し上げたのは彼と言っても過言ではありません。

確かなテクニックを駆使した華やかな演奏は当時は衝撃だったことでしょう。

彼は重度の麻薬中毒者だったので活躍した期間はそれほど長くありませんが・・・。

今回紹介する『クレオパトラの夢』彼の代表曲であり、ジャズの入門の1曲としてもおすすめできます。

おすすめジャズピアニスト⑤ セロニアス・モンク

Round Midnight

ジャズピアニトであり作曲家。

独特の演奏スタイルから一般受け!?しないピアニストかも知れませんが、今回紹介する『Round Midnight』をはじめ数多くの名曲を残し、ジョン・コルトレーンをはじめとした多くのジャズミュージシャンに影響を与えた人物です。

彼の演奏は初心者の方には少々、ユニークな演奏に聴こえるかも知れません(^^;)

おすすめジャズピアニスト⑥ 山中千尋

Take Five

ニューヨークを拠点に世界を股にかけ活躍する日本人ジャズピアニスト。

ポール・デズモンドのアルトサックスの音色の印象があるスタンダード曲『Take Five』もピアノの演奏だと一味違ったイメージです。

おすすめジャズピアニスト⑦ ラーシュ・ヤンソン

More Human

ミラバッシと同じく現代のヨーロッパを代表するジャズピアニスト。

ヨーロッパのジャズは甘美で芸術性が高いのが特徴ですが彼の演奏も例に漏れません。

『More Human』は彼のオリジナル曲です。

美しい演奏のなかどこか「心温まる」ハートフルな1曲です。

動画はライブ映像ですが昨年セルフカバーとして同タイトルのアルバムをリーリスしてます。

おすすめジャズピアニスト⑧ 大野雄二

ルパン三世 愛のテーマ

ルパン三世の楽曲の作曲者で知られる大野さんもジャズピアニスト。

アニメで親しみのある一曲を作曲者自らのジャズアレンジでの演奏も素敵です。

動画はソロ演奏ですが大野さん率いるピアノトリオが中心となった「大人でゆったりと聴かせてくれる」アルバムをおすすめとして紹介させていただきます。

おすすめジャズピアニスト⑨ ソニー・クラーク

朝日のごとくさわやかに

ソニー・クラークはどちらかというとサイドマンとして有名。デクスター・ゴードンやリー・モーガンがリーダーバンドの名盤に参加してますし、自身の大ヒット作『クール・ストラッティン』(女性の足元が写っているジャケットのやつ)でもサックス(ジャッキー・マクリーン)が参加しているのでメインはそちらに譲っている感じ。

サイドマンに重宝されただけあって演奏スタイルはシンプルで聴きやすいです。

おすすめジャズピアニスト⑩ オスカー・ピーターソン

Cジャムブルース

最後は「鍵盤の皇帝」オスカー・ピーターソン。

明るくハッピーでダイナミックで且つ超技巧派。

初心者の方が持っている「ジャズ」のイメージはきっとオスカー・ピーターソンの演奏と近いはず。

そんなジャズの代名詞のような彼の演奏はシンプルな曲の方が良いかと『Cジャムブルース』をチョイスして見ました。

まとめ

休日にのんびり過ごしたい時に・・・

ちょっぴり大人な気分に浸りたい時に・・・

優雅なひと時を過ごす時に・・・

ジャズピアノはBGMとしてピッタリだと思います。

またジャズの入口としてもジャズピアノは最適だと思います。

参考になれば幸いです(^^)

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

3 件のコメント

  • 初めまして。先日無言フォローしました、べつと申しますm(_ _)m
    最近、初めてツイッター・ブログ・小説を始めた者です。

    初小説のあらすじを作成中にカズローさんのブログに出会い、読み漁り、
    曲を聞きめちゃくちゃ参考にさせていただきました。

    そして本当に勝手ながら私のブログに紹介させてもらいました。(ごめんなさい)
    ブログを始めたばかりなので何の影響も無いと思いますが
    削除ご希望があればご一報いただければと思います。
    http://mosikake.blog.fc2.com/blog-entry-16.html

    宜しくお願いします。

  • べつ様
    コメントとブログで紹介いただきありがとうございます。
    最近、少し更新が滞ってましたが・・・。
    本ブログを参考にしていただとのことで私としても励みになり、また少しずつでも更新していこうと思います。

  • カズロー様

    ツイッターのフォロバもありがとうございます。
    はい。もうブックマーク済みですから更新楽しみにしています(^ ^)

    オススメのジャズ漫画やアニメなんてあれば是非紹介してください(調子乗ってすみません)

    引き続き勉強させていただきます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です