十二国記【風の万里 黎明の空 上・下巻】小説版の読書感想・あらすじ

十二国記シリーズの第1作目『月の影 影の海』の続きになります。
このシリーズは刊行順が時系列通りではないので、シリーズ4作目にしてやっと『月の影 影の海』の主人公、陽子が再登場します。
本作は景国の王となった陽子を中心とした物語です。

スポンサーリンク

あらすじ(内容紹介)

慶国(けいこく)に、玉座(ぎょくざ)に就(つ)きながらも、王たる己に逡巡(しゅんじゅん)し、忸怩(じくじ)たる思いに苦悩する陽子(ようこ)がいた。
芳国(ほうこく)に、王と王后(おうごう)である父母を目前で殺され、公主(こうしゅ)の位を剥奪されて哭(な)く祥瓊(しょうけい)がいた。
そして、才国(さいこく)に、蓬莱(ほうらい)で親に捨てられ、虚海(きょかい)に落ちたところを拾われて後、仙のもとで苦業を強(し)いられ、蔑まれて涙する鈴(すず)がいた。
負うにはあまりある苦難(かなしみ)の末に、安らぎと幸せを求めて、それぞれに旅立つ少女たち。その果てしない人生(たび)の門(いりぐち)が、いま開かれる!!
(Amazon 風の万里 黎明の空〈上〉の内容紹介より引用)

景王(けいおう)──陽子は、官吏(かんり)の圧政で多くの民が重税や苦役に喘いでいることを漸(ようや)く知り、己の不甲斐なさに苦悶していた。
祥瓊(しょうけい)は、父峯王(ほうおう)が、簒奪者(さんだつしゃ)に弑逆(しいぎゃく)されなければならないほど、国が荒(すさ)んでいることに気づかなかった自分を恥じていた。
鈴(すず)は、華軒(くるま)に轢(ひ)き殺された友・清秀(せいしゅう)の命を守れなかった自分に憤り、仇討ちを誓った。
──それぞれの苦難(かなしみ)を抱えた3人の少女たちの邂逅(であい)は、はたして希望(よろこび)の出発(はじまり)となるのか!?
(Amazon 風の万里 黎明の空〈下〉の内容紹介より引用)

やっと陽子が再登場です。
1作目の『月の影 影の海』では散々、苦労したせいか随分、貫禄が出ています(^^;)
十二国記シリーズをまだ未読の方は少なくとも1作目の『月の影 影の海』を読んでから本書を手にお取りください。

十二国記【月の影 影の海 上・下巻】小説版の読書感想・あらすじ

他の巻も読むことで十二国記の世界観の理解度が深まりますので是非、ご覧ください。

十二国記【風の海迷宮の岸】小説版の読書感想・あらすじ

十二国記【東の海神(わだつみ) 西の滄海】小説版の読書感想・あらすじ

さて本書の話に戻りますと・・・。

王座についたのは良いのですが、色々悩みが尽きない陽子。
まず陽子は海客なのでこちらの国のことをよく知らないのです。政をしようとも国の事情をよく知らなくてはね(^^;)
たよりの臣下には派閥があり、常にどこかしらから反発されてしまいます。
おまけに景国は近年は女王続きで全て上手くいっておらず、そのことも陽子にとって逆風になります。

堪りかねた陽子は一時的に王宮を飛び出し、街で暮らすことを決意します。
この国の実情を知るために・・・。

本書『風の万里 黎明の空』は王としての陽子の成長物語ではあるのですが、同時に2人の少女の物語も絡ませます。

一人は鈴。
陽子と同じ海客で言葉が通じないことを苦に仙に入りますが、そこで酷いいじめに遭います。
景王が自分と同じ海客であることを知り、景王と合うことを夢見てます。

もう一人は祥瓊。
もともとは芳国の王の娘でしたが謀反に遭い父母は殺され、自身は命は助けてもらったものの公主の位ははく奪され、酷い暮らしを余儀なくされます。
同じ年ごろの娘が景王の座についたことを風の噂で知り、逆恨みすることになります。

陽子と鈴と祥瓊・・・。
この3人少女がどのように物語を織り成すのか、そして荒れた景国はどうなるのか・・・。

是非、本書『風の万里 黎明の空』を読んでみてください(^^)

※ここから先はネタバレを含みます。

ネタバレ読書感想・あらすじ

少女たちの心境の変化に注目

本書『風の万里 黎明の空』は陽子を含む、3人の少女の成長物語という印象が強いのですが、特に鈴と祥瓊には厳しい試練が待ち構えています。『月の影 影の海』の時の陽子のように・・・。
鈴は陽子と同じ海客です。陽子はこちらの国に来た時は既に王の契りを交わしていたので言葉に困ることはなかったのですが鈴は普通に迷い込んだだけなので当然、言葉が通じません。あまりに寂しく、すがる思いで仙に入りますが、そこでもいじめに遭い、同じ海客の陽子だけが心の拠り所です。
一方、祥瓊は父母は謀反で殺され、公主の位もはく奪されます。まだ普通の暮しができれば良かったものの父の圧政に苦しんだ民達に虐げられ、酷い暮らしを強いられます。
そして同じ年ごろの娘が景王と知り、勝手に逆恨み、景王を殺して自分が王座に就こうと企みます。

この二人は自身が置かれている苦しい立場から逃げ出し、それぞれの思惑を抱えて景王である陽子に会いに景国を目指します。

そして旅で遭遇した出来事を機にそれぞれ心境に変化が芽生えます。

鈴は景国の現状を見て景王に不信感を抱き始めます。
逆に祥瓊は旅の道中で楽俊と出会い、景王について認識を改め始めます・・・。

正直なところ、鈴と祥瓊は物語の序盤はイラっとくるほど自分勝手な性格に描かれてます(^^;)
しかし、それぞれの思惑で景国を目指し、様々な苦難・試練を乗り越えていく経緯でしっかりと成長していきます。

そして終盤、実際に陽子に出会った時、どのような展開が待っているのか・・・。

是非、本書をお読みください(^^)

陽子の世直しは成功するのか

陽子は王位についたもののこの国のことは良くわからず、臣下も頼りにならない・・・。
こんな状況から自ら街に出て暮らすことにします。

王が身分を隠し、街に繰り出すというのは時代劇によくある展開ですね(^^;)
そしてお約束通り!?圧政に苦しむ民達を垣間見ます。

そして民を必要以上に苦しめている官吏の存在・・・。
時代劇でいう悪代官ですね(^^;)

民が苦しんでいるのなら王の立場の陽子ならすぐにでも助けてあげられそうですが、官吏の悪行の証拠がないとダメなようです。
陽子は身分を隠しながら、圧政を正すことができるのか?

ベタな展開かも知れませんが、私はきらいではなかったです(^^;)

まとめ

第1作目の主人公が再び登場したこと、シリーズ4作目となり世界観にも馴染んできたこと、物語としては3人の少女をメインに据えた上下巻の長編で読み応えがあったこと・・・。
私見ではとても面白かったです。十二国記シリーズは読めば読むほどハマっていきますね(^^)

以上、「十二国記【風の万里 黎明の空 上・下巻】小説版の読書感想・あらすじ」でした。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク