十二国記【東の海神(わだつみ) 西の滄海】小説版の読書感想・あらすじ

十二国記シリーズ3作目となる『東の海神(わだつみ) 西の滄海』の読書感想・あらすじです。
今回は1、2作目にも登場した雁州国延王(えんしゅうこくえんおう)・尚隆(しょうりゅう)と、延麒(えんき)・六太(ろくた)の話。
1作目の『月の影 影の海』で延王尚隆は500年以上も雁州国を治める名君として登場しましたが本書『東の海神(わだつみ) 西の滄海』は王位についたばかりの頃の物語です。

スポンサーリンク

あらすじ(内容紹介)

「国がほしいか?ならば、一国をお前にやる」
これが、雁州国延王(えんしゅうこくえんおう)・尚隆(しょうりゅう)と、延麒(えんき)・六太(ろくた)とが交わした誓約(ちかい)だった。
民らがかつての暴君によって廃墟となった雁国の再興を願い続けるなか、漸(ようや)く新王が玉座(ぎょくざ)に就いたのだ。それから20年をかけて、黒い土は大地にと、生まれかわりつつある。
しかし、ともに幸福(やすらぎ)を探し求めたふたりのこどもの邂逅(めぐりあい)が、やがて、この国と麒麟(きりん)と民との運命を、怒濤(どとう)の渦に巻きこんでいく!!
(Amazonより引用)

1作目の『月の影 影の海』でも触れられていた通り、尚隆も六太も蓬莱(日本)出身です。
陽子がこちら側の世界に来た時には尚隆はすでに500年以上も国を治めてました。
時系列に並べると本書は3作目でありながら1,2作目より遥か昔の物語となります(^^;)

十二国記は時系列順ではなく発行された順で読んだ方が良いらしいので1、2作目をまだ未読の方は先にこちらをご覧ください。

十二国記【月の影 影の海 上・下巻】小説版の読書感想・あらすじ

十二国記【風の海迷宮の岸】小説版の読書感想・あらすじ

雁国は先代国王の悪政と麒麟である六太がなかなか王を選ばなかったせいで荒れ果てた状態です。
物語は尚隆が王位について20年経過したあたりから始まるのですが、尚隆も六太もあまり政治には関心がない模様(^^;)

臣下達にミソカスに怒られてます・・・。

しかし1作目から順番に読まれている方なら雁国は将来「栄えた国」になっていて尚隆が名君と呼ばれていることはご存知と思います。

女子高生が主人公だった1作目、こどもの麒麟が主人公だった2作目、そして本書『東の海神(わだつみ) 西の滄海』は延王尚隆が「王の在り方」について問われる物語。

是非、手に取ってみてください(^^)

ネタバレ読書感想・あらすじ

まるで歴史小説

1作目の『月の影 影の海』より500年前の話なので戦国時代頃の物語になります。
延王尚隆は蓬莱(日本)では小松尚隆といい瀬戸内沿岸部の一国を治める領主の息子でした。
しかし、小松氏は対岸の海賊衆・因島村上氏に攻められ、滅んでしまいます・・・。

小松一族が滅ぶ前に蓬莱に流れついた六太と巡り合い、雁国の王としてこちらの国に来ることになります。

尚隆の性格を一言であらわすとしたら「うつけ者」という言葉が合います。
普段は政治に関心を示さず、馬鹿なことばかりしてます(^^;)

そしてそんな尚隆に不満を持って、六太を誘拐し、自らが王権を担おうとする地方領主、斡由が出てきます。
この斡由という男、領主としてはとても評判が良いのです。

「あくまでも民のため」

そんな大義名分を振りかざし、尚隆に挑みます。

「ダメ領主に業を煮やし、謀反を起こす地方役人」

一見、こんなイメージですが実際はどうなのでしょうか・・・。

っていっても何となく解かってしまうと思いますが(^^;)

なんかこういう国の内紛とか尚隆が戦国時代の領主の設定なので歴史小説を読んでいるような感じですね。
また尚隆が自分の身分を隠し、民衆にまぎれて内情を探ったりする件は時代劇ドラマを思い出します(^^;)

二人のこどもの出会い

本書『東の海神(わだつみ) 西の滄海』は延王尚隆の「王の在り方について」描かれるストーリーと、もう一つ麒麟の六太と妖魔の子ども更夜の交流が描かれます。

六太と更夜はともに蓬莱の出身。
そして二人とも「口減らし」のため親に捨てられてしまいます・・・。
本書はこの描写から始まります。

この二人が出会うのはこちらの国。
六太は麒麟として、更夜は何故か妖魔とともに暮らす「妖魔の子」としてです。

本来、妖魔は人間には絶対に従わないのですが、六太が妖魔に乗って空を飛んでいる子どもを見つけた時に不思議に思い、声をかけたことがきっかけです。
その子どもは妖魔と一緒にいることにより人間たちに迫害され、みじめな暮らしをしてました。
麒麟とは慈悲深い生物。六太は名もなった彼に更夜という名前を付け、友達になります。

それから暫く会っていませんでしが、突然、更夜が六太を訪ねてやってきます。
最初は懐かしそうに話してましたが、実は更夜は尚隆に謀反を起こさんとする斡由の差し金でした・・・。

罠にはまり六太は誘拐されてしまいます。

六太を友達と思いながらも斡由に絶対服従の意思を持つ更夜。
昔は妖魔が人を食べることを嫌がっていた更夜でしたが、今は斡由のためなら進んで汚れ役を買って出るまで斡由に心酔しています。

この二人の交流が物語の一つの鍵となっています。

まとめ

前作の2作品はどちらかいうと「主人公の苦悩と成長」を描いた作品でした。
本書『東の海神(わだつみ) 西の滄海』は麒麟の六太は苦労しますが・・・。
その分、尚隆が痛快に活躍してくれますし、何と言いますか「善悪」がはっきりしている内容でファンタジー小説としては王道のストーリーって感じです。
3作目になるので世界観にも慣れてくるのですっとストーリーに入っていけると思います。

以上、「十二国記【東の海神(わだつみ) 西の滄海】小説版の読書感想・あらすじ」でした。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク