十二国記【黄昏の岸 暁の天】小説版の読書感想・あらすじ

十二国記シリーズ『風の海迷宮の岸』の続きの物語。
蓬莱(日本)で育った麒麟、泰麒が王を無事に選ぶことができ、やっと戴国にも平和が訪れてると思ってましたが・・・。

戴国の女将軍が慶国の王、陽子のもとに満身創痍で訪れるところから本書『黄昏の岸 暁の天』は始ます。
王と麒麟の不可解な行方不明、その真相は如何に・・・。

スポンサーリンク

あらすじ(内容紹介)

王と麒麟が還らぬ国。その命運は!? 驍宗(ぎようそう)が玉座に就いて半年、戴国(たいこく)は疾風の勢いで再興に向かった。しかし、文州(ぶんしゆう)の反乱鎮圧に赴(おもむ)いたまま王は戻らず。ようやく届いた悲報に衝撃を受けた泰麒(たいき)もまた忽然(こつぜん)と姿を消した。王と麒麟を失い荒廃する国を案じる女将軍は、援護を求めて慶国を訪れるのだが、王が国境を越えれば天の摂理に触れる世界──景王陽子が希望に導くことはできるのか。
(Amazonより引用)

十二国記シリーズ1作目『月の影 影の海』の下巻でも雁国の麒麟、六太が

「戴国の王と麒麟は死んだ、もしくは行方不明」というようなことを行ってました。

十二国記【月の影 影の海 上・下巻】小説版の読書感想・あらすじ

十二国記シリーズ『風の海迷宮の岸』では泰麒が王を選び、これからというところで物語が終わりますので本書はまさにその続きの物語になります。

十二国記【風の海迷宮の岸】小説版の読書感想・あらすじ

他の巻も読むことで十二国記の世界観の理解度が深まりますのでこちらも是非、ご覧ください。

十二国記【東の海神(わだつみ) 西の滄海】小説版の読書感想・あらすじ
十二国記【風の万里 黎明の空 上・下巻】小説版の読書感想・あらすじ
十二国記【図南の翼】小説版の読書感想・あらすじ

 

王の候補の大本命だった驍宗が王座に就いたので安泰なのかと思ってました(^^;)
結構、すぐに危機に陥ってしまいます。

昇山する前から政のことを考えていたという驍宗は普通では考えられないくらいのスピードで朝廷を建て直していきます。
陽子のように部外者!?がいきなり王座についても、なかなか朝廷は機能しませんでしたが・・・。

もともと驍宗は将軍として政に携わってましたので勝手を知ってるのです。
しかも傑物として名の知れ渡った人ですから朝廷の官吏たちからの人望も厚いです。

しかし、地方の反乱鎮圧に赴いたまま王は戻らず。
泰麒までも行方不明になってしまいます。

王や麒麟が死んだのならまた新しい麒麟が生まれ、新しい王を選ぶ、それだけの話なのですが、どうもまだどこかで生きている様子です。

命からがら泰国の女将軍が慶国の陽子に助けを求めに訪れます。
しかし、十二国記シリーズの世界では「王が国境を越えて兵を挙げてはいけない」という厳しい天の摂理があります。

陽子はどのように解決するのか・・・。
また驍宗や泰麒は助かるのか・・・。

時系列でいえば十二国記シリーズの最新の物語(2017年8月現在)、是非、読んでみてください(^^)

※ここから先はネタバレを含みます。

ネタバレ読書感想・あらすじ

天の摂理とどう向き合うか

こちらの国々では天帝が決めた「天の摂理」が絶対的のようです(^^;)

「王は武をもって国境を越えられない」というルールがあります。

これは勿論、国同士の戦争もできませんし、仮に善意で兵を差し出しても
ダメなのです。
仮に他国で謀反が起きたとしても、これを鎮めるために兵を差し出すのも不可。
良くも悪くも武をもってして他国の方策には一切干渉できないということですね。

十二国記シリーズ『風の海迷宮の岸』でも登場した女将軍、劉李斎は国を憂い、
蓬莱出身の王、陽子なら「このルールを知らないのではないか」という理由で慶国を目指します。

もし陽子が何も知らずに他国に兵を出してしまったら、陽子は天から抹殺されるわけですから・・・。
それでも頼みにくるのですから劉はかなり切羽詰まってます。

結局は陽子は「天の摂理」を知ることになるのですが(^^;)

後はこの「天理の摂理」の範囲内でどう戴国を救うのか?

何か「天の摂理」にもぬけ道があって、例えば陽子を助けた延王の場合は
「陽子の方から延王を訪ね、助けを求めた」
こういう過程があればセーフらしいですね(^^;)

陽子たちは時には理不尽に思える「天の摂理」に違和感を覚えながらも
抜け道を模索し、戴国を救う道を考えていきます。

理不尽なところがありながらも「他国が困っていても武力では簡単に助けにいけない」という世界観は
物語に厚みをましてますね。

シリーズ中、最も麒麟が活躍します

麒麟は十二国記シリーズのシンボル的な位置づけです。
非常に重要な役割を担ってますが極端に「争いごとが嫌いで慈悲深い」というややこしい設定があり、
今一、活躍はしてない感じです(^^;)

どちらかいうと悪者にさらわれて助られる、か弱いヒロインのような立ち位置ですね。

しかし本書『黄昏の岸 暁の天』では世界各国の麒麟が集結(全員ではありませんが)
蓬莱に行って行方不明の泰麒を探します。

『風の海迷宮の岸』でも泰麒をめぐって麒麟たちの交流が描かれてましたが、麒麟たちが一致団結するのは本書が初めてではないでしょうか。

麒麟たちの活躍も本書の見せ所の一つかと思います。

再び蓬莱に戻った泰麒は・・・

泰麒は『風の海迷宮の岸』のストーリーの中で祖母に怒られて家から閉め出されているところから、こちら側の世界に来ます。
そして本書では再び日本に戻ります。
しかも麒麟の急所ともいわれる角を斬られたので、自分が麒麟である記憶がありません。

ですので1年間、「謎の行方不明」という体裁で再び日本での生活が始まってしまいます。

泰麒のこの再び日本に戻ってからの生活は、本著者の別の本と大きな関わりがあるらしいです・・・。

私もこの本は未読なのでいずれ読んでみたいと思います。

まとめ

十二国記シリーズは必ずしも時系列順で発刊されていませんので・・・。
順番に読んでいくと物語が進展しているのか戻っているのかわからなくなってきますが(^^;)

今まで謎だった部分は解消されたところもありますし、まだ未登場だった国の王と麒麟も登場しました。
色んな意味で進展がありました。

しかし、まだまだ物語は続きそうです。
私は短編集以外では現在、発刊済のものはすべて読了してしまいましたが(^^;)

新刊が出るまでは短編集を読んでみることにします。

以上、「十二国記【黄昏の岸 暁の天】小説版の読書感想・あらすじ」でした。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク