14歳のバベルの読書感想・あらすじ

暖 あやこ著書。
病院の診察台で潜在意識の中の「古代王国」で14歳の二人の少年が心を通わす不思議な物語から
後半は世界を揺るがす怒涛の展開へ・・・。
14歳の二人の少年を中心に繰り広げられる青春ファンタジー小説です(^^)

スポンサーリンク

あらすじ(内容紹介)

巨大テロか古代王国の再臨か。カウントダウンの始まる中で展開するファンタジー長編。担ぎ込まれた病院の診察台で、14歳の見た奇妙な夢が発端だった。ビール樽の林立する地下工場。指揮を執る少年王シルトの姿。彼は告げた。地上世界は間もなく消滅する。代わって自分たちが人類史をやり直すのだと――。ビール会社の新商品キャンペーンにカムフラージュされた黙示録的計画。今週末の金曜日が危ない!
(Amazonより引用)

主人公の冬人がふらりと立ち寄った神社で同級生の冬柴拓海(以下、拓海)と遭遇しそうな場面から物語が始まります。
どうも冬人は拓海を避けている様子。どうやらいじめっ子といじめられっ子の関係のようです。(名前に同じ冬がつくからだとか・・・)

冬人はあまり身体が丈夫でないらしく、拓海と出会いそうになるだけで発作が起こり、気を失ってしまいます・・・。
この冒頭シーンではヒステリックな母・貴子と厳しい父・吾郎の家族の紹介があり、複雑な家庭に育ったことを想像させます。

気を失ってからは何やら異世界に迷い込んでしまった描写が続きます。
そこで同じ年の王、シルドと出会います。
そして気が付いた時は病院のベッドで寝ていました・・・。

物語の始まりがこんな感じなので読み始めは世界観があまりつかめずフワッとした感じで読みづらい感もありましたが、読み進めていくうちに理解度が高まり、どんどんストーリーに引き込まれます。

舞台設定は今より少し未来でしょうか。
未来の話ではありますが8年前におきた「ある事件」をきっかけにアナログに回帰している設定です。パソコンもスマホもこの物語では使われません。まるで80年代ですね(^^;)
そして冬人が身体が弱いのも家族関係が上手くいっていないのも「ある事件」が関与しております。
「ある事件」というのも最初は何のことやらさっぱりわかりませんが読み進めていくうちに少しずつ全容が見えてきます。

冬人は弱い自分から脱却するために倒れたときに運び込まれた病院に再び赴き、「薬草」を研究をしている変わった医者、亀井の治療を受けることにします。
亀井の治療方法とは薬草を用い、冬人を自身の潜在意識の中にある世界にいざなうこと・・・。
そこは且つてみた古代王国のような異世界。
この世界で起きた出来事を鮮明に亀井に話すことによって治療のヒントが見つかるらしい。

ひ弱な少年が自身の病気と向き合うために自身の潜在意識の中の世界に何度も赴き、そこで同年代の王と心を通わせる・・・。
そんな不思議な物語からいつの間にか驚きの事態にストーリーが進んで行きます。

「二人の少年の友情・成長」「家族愛」そしてミステリー要素も加わった読み応え十分のファンタジー小説です(^^)

※ここから先はネタバレを含みます。

ネタバレ読書感想・あらすじ

ミステリー要素によって、深みのある展開に

本書の主人公は病弱な体質で悲観的。
しかもファンタジー小説でありがちな「特殊能力」のような設定もありません。
あくまでもこれから起ころうとする惨劇を回避するため、友情の芽生えたシルドを助けるためにほんの少し勇気を出して行動し、裏でうごめく謎を解き明かしていく・・・。

こんな感じで物語が進んでいきます。
「殺人事件」の謎解きではありませんが(^^;)
ミステリー要素もあり、読めば読むほど物語に引き込まれます。

家族関係が物語のスパイスに

特に「父と子」の関係についての描写が多いです。
冬人の家族は前述した通り、あまり上手く行ってません。
「ある事件」の時、父の対応があまり宜しくなかったらしく・・・。
父は子を避け、子は父に心を開かない、物語の冒頭はこんな関係です。

しかし、奇しくも吾郎と冬人が別々の理由から、世界を震撼させる大きな陰謀に気づき、
ともに力を合わせているうちに少しずつ心を通わせていきます。

また同級生の拓海と少年王シルド。
この二人についても「父(家族)への想い」がしっかり描かれており、これは本書の一つのキーワード
になっていると思いました。

特に拓海は冒頭から出てきた割には大して物語に絡んでこないので不思議に思ってましたが
最終的にはなるほど~という展開になります。

まとめ

本書『14歳のバベル』は献本いただきました(^^)
ファンタジー小説は好きなジャンルでしたので楽しく読ませていただきました。

きっと本書は自分では見つけ出すことができなかったと思うので良い縁をいただきました(^^)

以上、「14歳のバベルの読書感想・あらすじ」でした。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク